An encouraging mail from Sri Lanka - スリランカからの励まし

3月11日に発生した東日本大震災で、被災地はもちろん、原発周辺、計画停電が行なわれている地域でも、前例のない混乱が続いている。被災された方にお見舞いを申し上げるとともに、1日も早い復興を祈りたい。
 地震発生直後の3月11日に、スリランカ紅茶局の宣伝担当ディレクター、ハシタ・デ・アルウィス氏から届いたお見舞いと励ましのメールを、アルウィス氏の了解を得て、全文を紹介する。スリランカは、2004年12月のスマトラ沖地震で津波の被害を受けた国のひとつであり、他人事ではなく、親身になって心配してくれている。

15.03.2011

The people in Sri Lanka were extremely shocked and deeply saddened by the terrible disaster which swept Japan, particularly the regions of Sendai and Fukushima after the earthquake and Tsunami which struck your beautiful country last Friday. We truly hope you and all your dear ones are safe.

The citizens of Sri Lanka who experienced a similar calamity on 26th of December 2004 truly feels the pain and sorrow of such traumas. In this moment of severe grief, my Chairman Mr. Susantha Ratnayaka and all the Staff at Sri Lanka Tea Board joins me in extending our deepest condolences to you and your family members.

We sincerely wish and pray that our friendly country, the “land of the rising sun” will rise out of this tragedy soon and become the great nation it always had been. Despite been a small Island with limited resources, Government of Sri Lanka under the guidance of H.E. Mahinda Rajapakse, President will do what ever possible within our means to help and assist out true friend, Japan.

Please do not hesitate to contact us for any support or corporation.

Warmest regards
Hasitha de Alwis
Director – Promotion
Sri Lanka Tea Board


画像

 震災の前週は、千葉・幕張メッセで「国際食品・飲料展」が行なわれ、スリランカからも紅茶関係者が来日していた。3月4日には東京・白金台の八芳園で、日本・スリランカの紅茶関係者が集まるパーティが開かれたばかりだった。

画像

 スリランカの公式行事では欠かせない、伝統的な儀式のオイルランプへの点灯を行なうアルウィス氏。

画像

 乾杯用に用意された八芳園特製のティーカクテル(ノンアルコール)。


 また、スリランカ紅茶局では、被災地宛に、セイロン紅茶のティーバッグを寄付されたそうだ。在東京のスリランカ大使館より、岩手県に届けられる予定という。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック