tea-blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Sri Lanka Trip Vol.2. Samudra Hotel - Aサムドラホテル

<<   作成日時 : 2014/11/12 18:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今回、コロンボではゴールロード沿いのサムドラホテルに2泊した。スリランカ観光・ホテル経営研修校(Sri Lanka Institute of Tourism & Hotel Management)の研修用ホテルなのだそうだ。シナモングランドホテルのすぐ向かいにあり、ゴールフェイスグリーンまで徒歩5分くらいで行ける。お部屋もバスルームも広く、清潔にされていたが、ゴージャスというよりはシンプルな造り。また、研修用に活用されているホテルというより、研修センター内にとりあえずある客室、という感じだった。大きな期待をしなければ、華美ではないところがだんだん心地よくなる、といったところだろうか。

Samudra Hotel
Managed by SRI LANKA INSTITUTE OF TOURISM & HOTEL MANAGEMENT
78, GALLE ROAD, COLOMBO 03
TEL: 22382201-13

室料: シングル7700 ルピー(約6900円)
朝食: 300ルピー(約270円)
(サービス料10%、税込みで1泊朝食付き9856ルピー、約8820円)

画像

画像

ゴールロード沿いにあるサムドラホテル。観光・ホテル学校の一部が研修用ホテルとなっている。


画像
画像

客室はシンプルだが、わりと広々としている。室内の照明の数が多く、どのスイッチでどの照明が点くのか、チンプンカンプンなのにはちょっと困った。また、LG社の大画面薄型テレビが設置されていたが、2つのリモコンでの操作方法がこれまたまったくわからず、シンハラ語のドラマやインドの料理番組をBGM代わりにつけるだけに終始した。

画像

客室内のティーセット。ティファールの湯沸し器が置いてあった。紅茶はディルマー社のティーバッグ。


画像
画像

バスルームは広くてピカピカだった。シャワー室はちゃんとガラス戸がついており、大きなバスタブも備えてあった。

 1階にあるレストランは、薄暗くて、稼働率も低そうだったが、「食事はおいしいよ」という声を聞き、そうなのかなと行ってみた。朝食つきブランで予約してもらっていたので、チェックイン時に「朝食は何が食べたいですか?」と聞かれ、「スリランカ風の朝食で、ストリングホッパーとカレーとか?」と答えた。翌日、その通りに、ストリングホッパーとチキンカレー、サンバルを用意してくれた。前菜は、フルーツの大盛りの盛合せ。ごくごくベーシックな朝食メニューだが、カレーやサンバルの辛さもちょうどよく、おいしくいただいた。

 感心したのは、食後の紅茶。しっかりしたボディをもつ紅茶に、パウダーミルクを溶いてつくった甘味とコクのあるミルクを入れると、なんともまろやかで、セイロン風ミルクティーの王道、という味わいだった。ポットで提供されていたが、中に茶葉は入っておらず、どんな紅茶を使っているのか、淹れ方も見せてもらいたいな、と思った。
画像
画像

サムドラホテルのレストランで出される紅茶。ポットサービスだが、茶葉は抜いてある。ミルクはパウダーミルクを熱湯で溶いたもので、濃厚で甘味がある。まさにセイロン茶のミルクティーの王道といったコクのある味わい。

 翌朝はロティとカレーの朝食を頼み、朝7時にレストランに行った。「キッチンで紅茶を淹れているところを写真に撮らせてもらえますか?」と聞いたところ、OKが出た。

画像
画像

キッチンはなかなか広く、しっかりしたシェフが勤務していた。ロティを焼いていたり、カレーを作っていたりしている中で、紅茶を淹れるところを見せてくれた。

画像
画像
画像


 茶葉は、ワタワラプランテーションズ社の西部高地産の紅茶が詰められた「ワタワラ」で、ザザッと適量(適当な量)の茶葉をステンレスボールに入れると、寸胴で沸かしている湯をレードルで注ぎ入れた。しばらく、そのまま放置。お皿か何かでフタくらいして欲しいなと思ったが、そこはそのまま写真を撮りながら待つ。

画像
画像
画像

続いて、アンカー社のパウダーミルクの袋から、やはりボールに粉ミルクを適量入れ、寸胴から熱湯を注ぐ。

画像
画像

3分ほど放置していた紅茶を、ストレイナーを使いながらティーボットに入れ、続いてミルクもティーストレイナーで漉しながらミルクジャグに入れ、でき上がり。

 やかんがなくてもお湯は沸かせるし、ティーポットがなくても、手鍋でもボウルでも紅茶はおいしく淹れられるという、新たなうれしい発見だった。シェフの所作から、「紅茶をおいしく淹れるコツは、品質のいい茶葉と、熱湯と、茶葉がのびのびと開く容器を使い、茶葉がしっかりと開くまで2〜3分は蒸らすこと。以上!」という潔さを感じた。

画像

2日めの朝食はロティと魚カレー。そのほか、前菜としてたっぷりのフルーツ盛合せが出された。

画像

別途頼んでみた夕食。ジャガイモカレー、野菜カレー、魚カレーとライスのセット。個々のカレー用に用意されたスプーンのセッティングがかわいい(ライス&カレー 450ルピー、税・サ込554.40ルピー、約500円)。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sri Lanka Trip Vol.2. Samudra Hotel - Aサムドラホテル tea-blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる