tea-blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Temi Tea Estate in Sikkim - 早春のシッキム、テミ茶園

<<   作成日時 : 2015/05/07 12:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ダージリン地区の北、東はブータン、西はネパールに接するシッキム州には、唯一、州営のテミ茶園がある。ダージリン地区に遅れること約100年、1969年から開墾が始まり、1975年に製茶工場が操業を開始した、比較的新しい茶園である。有機栽培に取り組んでおり、最近では地元テミ地区の重要な観光資源としての活用も始まっている。

画像

シッキム州南部の南シッキムに位置するテミ茶園と製茶工場。

画像

シッキム州営の唯一の茶園。ISO22000と、IMOの有機認証を取得している。

画像

画像

テミ製茶工場。平屋建てのコンパクトな造りで、耐火性にも配慮がなされている。なお、テミ茶園の休業日は毎週金曜で、近くのシンタン、ナムチなどの街でバザールが立つ日であることから、労働者たちの希望で決まったのだそうだ。より正確にいうと、金曜は茶摘みをしない日であり、木曜に摘んだ生葉を製茶するために、工場は稼働する。製茶工場の休業日は翌土曜となる。

画像

画像

画像

画像

画像

実生の茶樹はなく、すべて優良品種を挿し木から育てて植えているため、整然とした、カーペットのような美しい茶畑が広がる。茶畑面積は177haで、中国種系が50%、改良品種系が50%を占め、年間約100トンの紅茶を生産している。

画像

見学者心得。製茶工場内に入る訪問者は、食品安全の規則を順守しなくてはならない。外で履いていた靴を脱ぎ、工場内専用靴に履き替える。帽子、マスクを着用する。タバコ、噛みタバコ、チューインガム等は禁止。お茶に手で触れたり、鼻をつけて匂いを嗅いではならない。

画像

画像

萎凋槽。萎凋槽周辺の床は、大理石張りにする計画で、それにより清掃も楽になる

画像

揉捻機。今シーズンの生産開始に備えて、整備点検がなされていた。

画像

揉捻中に塊りになった茶葉をほぐす玉解き篩い分け機。

画像

製茶工程のタイムテーブルを記入していく黒板。2014年12月3日の日付だけが残っており、それが昨シーズンの最終稼働日だったようだ。生産期は3月下旬〜12月上旬。

 テミ茶園の特徴のひとつに、その販売方法がある。オークションを通じて販売するのは生産量の約70%であり、残りの30%はシリグリの包装工場で小箱包装品とし、茶園内の3カ所のティーセンターのほか、主としてシッキム州内で販売している。茶葉の大きさ別に、「テミ・ティー」のほか、「シッキム・カンチェンジュンガ・ティー」「シッキム・ソルジャ」など、いろいろなデザインの商品を販売している。しかし、今のところ製茶したらすぐに包装するため、年間通じて安定した品質の紅茶が買えるかというと、それは少々難しい。

画像

画像

画像

画像

画像

さまざまな小箱包装品を開発し、茶園内のティーセンターや、シッキム州内の物販店や飲食店で販売している。

画像

画像

画像

画像

茶園内の3カ所のティーセンターのうち、2カ所はシッキム州観光局の運営で、1カ所はテミ茶園の労働者たちが組織する協同組合が運営している。

画像

工場内の案内と、テミ茶園の概略を説明してくれた、マネージャーのラデン・T・ブティア氏。

画像

事務所で淹れてくれた紅茶は、上質なオータムティーだった。

画像

事務所に掲げられている歴代ジェネラルマネージャーの名前。

画像

テミ茶園とのビジネスを希望する際の連絡先はこちら。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

茶園内に出現したホテル&レストラン「チェリーリゾート&チェアバリレストラン」。シッキム州観光局によるテミ茶園の観光振興策の一環で、2004年ごろにオープンした。レストランだけの利用も可能で、屋上にはカフェテリアもある。客室のベランダは全室「茶畑ビュー」。

画像

画像

チェリーリゾートのパンフレット。ホテル名は、茶園内に植えられている桜の木に由来する。花が咲くのは秋で、例年11月上旬に見ごろを迎えるという。
http://www.cherryresort.com/

画像

画像

訪問時は、クリケットのワールドカップ大会がオーストラリアとニュージーランドで開催されている最中だった。テミ茶園に住む子供たちも、クリケットが大好き。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Temi Tea Estate in Sikkim - 早春のシッキム、テミ茶園 tea-blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる