tea-blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Extra clips in Sikkim Vol.3, PellingU-番外編Bペリンの紅茶 

<<   作成日時 : 2015/09/27 16:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 西シッキムのペリンで出会った紅茶をご紹介。
 まずはペマヤンツェ僧院からも近い丘の上にあるエルギン・マウント・パンディン・ペマヤンツェ・ホテル(Elgin Mount Pandim Pemayangtse、客室数30)の紅茶から。

画像

画像

英国スタイルのミルクティー。すでに紅茶とミルクをミックスした“レディーメイドティー”で、パウンドケーキとチョコレートクッキーを添えて提供された。

画像

ホテルの正面玄関


画像

ホテルの裏庭


画像

紅茶をいただいたホテルのロビー。なお、エルギン・ホテル・グループは、シッキム州ではペリンのほか、州都ガントックにエルギン・ノーキル(Elgin Nor-Khill、客室数25)、ウエスト・ベンガル州北部にエルギン・ダージリン(Elgin Darjeeling、客室数25)、同州カリンポンにエルギン・シルバー・オークス(Elgin Silver Oaks、客室数25)を有する。いずれもそれぞれの建物の伝統を重んじながら、現代的な設備を整備し、人気の高いホテルとなっている(今回の旅程の中で、ダージリン、ペリン、カリンポンのいずれのエルギン・ホテルも満室で、宿泊できなかったのは残念だった)。

 ペリンで宿泊したノルブ・ガン・リゾート(Norbu Ghang Resort)も人気のホテル。客室内のティーセットのティーカップはフタのついた蓋碗で、中国の影響を彷彿とさせた。

画像

客室内のティーセットで淹れた紅茶。ティーバッグとミルクパウダーで淹れたものだが、なかなかコクもあっておいしかった。

画像

ペリン周辺の一日観光からホテルに戻ったとき、「紅茶をサービスいたしましょうか?」と、部屋に持ってきてくれた“レディーメイドティー”。いわゆるインド式ミルクティー、チャイのポットサービス。

 ペリン郊外のケチェオドパルリ湖入口の食堂で食べたベジモモ(野菜餃子)とチャイ。スパイシーなカレーを消化器系が受付けなくなってきてからは、ベジモモとチャイでしのいでいた。
画像

体調によりスパイス類や肉類、揚げものがつらいときは、ベジモモが強い味方。甘いチャイにもホッとする。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Extra clips in Sikkim Vol.3, PellingU-番外編Bペリンの紅茶  tea-blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる