tea-blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Aoyama Tea Factory’s new shop - 「青山ティーファクトリー」の新店舗

<<   作成日時 : 2015/12/31 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1996年から2015年8月まで、東京・南青山の青山通り沿いで営業していた紅茶専門店「青山ティーファクトリー」が東京・大岡山に移転し、9月末から新店舗で営業している。店主の清水一(しみず はじめ)さんは、より長くお店の経営を続けていくために、店舗規模を縮小して身体的な負担を減らし、家賃や光熱費を低減し、通勤時間を短縮し、営業時間や出勤日も減らすという、抜本的なダウンサイジングに踏み切った。顧客の中には、「近くなった」「行きやすくなった」と喜んでいる人ももちろんいるが、自身の行動範囲から大きく外れ、わざわざ行くには遠過ぎると残念に思う人も少なくないだろう(私も後者)。

青山ティーファクトリー
〒145-0062 大田区北千束3-23-7 東和V1F
(東急目黒線・大井町線、大岡山駅より徒歩2分)
TEL / FAX 03-6425-8348
営業時間11:00 〜 18:00
定休日 年中無休 (年末年始、茶葉買い付け時などの休業あり)
http://a-teafactory.com/


画像

大岡山駅を出てすぐのマクドナルドから、東京工業大学入口の反対側に進み、1本目の路地を右折すると、左手にガラス張りの店舗が見えてくる。

画像

画像

青山時代の店舗の約半分の規模になった。テーブルや椅子は青山から持ち込んだものもあり、新店舗ながら懐かしさも感じさせる。

画像

青山時代と同様の色使いの看板だが、店舗と同様にスリム化。実は裏面はバーの看板になっており、夕方6時以降は別の店主がバーとして営業している。

画像

移転・新装オープンのお祝いに横浜・馬車道の紅茶専門店「シンハ」さんと、スリランカの取引先が共同で作製してくれたパティックのタペストリー。

画像

新メニューのボークリエットと紅茶のセット800円。パンはすぐ近くのペーカリー「ヒンメル」の商品を使用している。「トーストしているときの匂いも全然違う」と店主の清水さんも絶賛。

画像

茶葉の販売コーナー。アイテム数を増やし、価格はやや値下げを実施。ティールームに寄った帰りにまとめ買いしていく常連客も多い。

画像

店主の清水一さん。お店は無休だが、清水さんは毎週月曜、火曜は休みで、スタッフのリエさんが勤務している。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Aoyama Tea Factory’s new shop - 「青山ティーファクトリー」の新店舗 tea-blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる