Sri Lanka Trip Vol.4, Ebony Springs - エボニー・スプリングス

 今回の旅のメインは、スリランカ中央の山間部のギニガッテーナにある「エボニー・スプリングス」を訪ねることだった。スペシャルティ・ティーの生産と、ホームステイを兼ねた施設で、オーナーはホルシンガー夫妻。最低2泊はしたいと思ったが、結局3泊させてもらうことになった。 Ebony Springs Agaraoya, Ambagamuw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sri Lanka Trip Vol.3 Tea Auction - ③ティーオークション

 久々にコロンボティーオークションの見学に行った。会場は、シナモングランドホテルの裏手を出るとすぐのところにあるセイロン商工会議所(Ceylon Chamber of Commerce)。今回は、オークションブローカーであるジョン・キリス社の製茶コンサルタント、ヴィジさんに入館証を手配していただいた。申請書には、外国人の場合はパスポート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sri Lanka Trip Vol.2. Samudra Hotel - ②サムドラホテル

 今回、コロンボではゴールロード沿いのサムドラホテルに2泊した。スリランカ観光・ホテル経営研修校(Sri Lanka Institute of Tourism & Hotel Management)の研修用ホテルなのだそうだ。シナモングランドホテルのすぐ向かいにあり、ゴールフェイスグリーンまで徒歩5分くらいで行ける。お部屋もバスルームも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sri Lanka Trip vol.1, Pettah - スリランカの旅①ペター

「そうだ、スリランカに行こう!」という軽いノリで、2014年11月3日から10日まで、スリランカ旅行を敢行した。今回は事前にトラブル、変更が続出。変更できないのはウェブ特別価格とやらで購入した航空券だけ。ま、考えてみたら、前回の旅もそうだった。前回の後半は現地の旅行会社に依頼したひとり旅だったが、思い返せば、予約したはずのホテルに着いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“WONDER TEA” by PRONTO - プロントの紅茶プロジェクト

 昼間はセルフサービスのカフェ、夜はフルサービスのバーとなる「プロント」チェーンで、紅茶を強化するプロジェクトが始まった。名づけて、「WONDER TEA ――紅茶って、すごい!」   プロントでは、これまでも、「マサラチャイ」(400円)、「焙煎紅茶のロイヤルミルクティー」(350円)、「ジャスミン アールグレイティー」(250…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tea Festival in Owariasahi - 第3回紅茶フェスティバルin尾張旭

 第3回「紅茶フェスティバル in 尾張旭」が、2014年9月21日、愛知・尾張旭市の高台に建つ「スカイワードあさひ」で開催された。主催は尾張旭市観光協会と、市民団体の「尾張旭を日本一にする会」。「世界の紅茶が尾張旭にやってくる!」をキャッチフレーズに全館が紅茶一色となるこのイベントに、過去最多の約2500人が来場した。  尾張旭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お茶料理研究会シンポジウム「茶のトレンド」 - Symposium “Trend of Tea”

 お茶料理研究会主催の第23回シンポジウム「茶のトレンド 栄西禅師から未来へ、そして…」が、7月12日(土)、東京・千代田区の大妻女子大学千代田校舎で開催された。  梅雨の中休みの暑い日だったが、ウエルカムドリンクとして、かわいいピンク色の飲みものが提供された。お茶の新品種「サンルージュ」を使った緑茶に、スダチ果汁を加え、炭酸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hand Made Black Tea 2014 - 手作り紅茶2014年春

 今春も手作り紅茶を作ってみることにした。 ほどよく伸びてきたべにふうきの新芽。  やはり春の新芽は柔らかく、手揉み紅茶向きだ。ある程度の量がないと製茶は難しいので、理想的な一芯二葉摘みではなく、今春出てきた葉であれば三葉め、四葉めも摘むことにした。近所の茶生産農家も朝から家族総出で茶摘みをしていた5月5日の昼ごろ、庭に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Single Serve Tea - マシンで1杯ずつ抽出するお茶

 UCCグループの業務用商品展示会の会場で、アメリカ・キューリグ社製の1杯取りコーヒーマシン「ネオトレビエ」が紹介されていた。コーヒーだけではなく、紅茶、緑茶も淹れられるとあって、「ネオ=新しい」「トレビエ=3つの方法」と名付けられたマシンである。「K-Cup」という特殊な専用パックに挽いたコーヒー豆や、紅茶や緑茶の茶葉が充填されており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tea Festival in Owariasahi - 第2回紅茶フェスティバル in 尾張旭

 11月30日、愛知・尾張旭市で「第2回紅茶フェスティバル in 尾張旭」が開催された。会場は市内・城山公園の高台にそびえるスカイワードあさひ。昨年10月の第1回同様、館内は紅茶尽くしとなり、約2000人の来場者を集めて盛況だった。  主催は尾張旭市の市民団体「尾張旭を日本一にする会」で、同イベントは尾張旭市からの助成金を受け、尾張旭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Professionally hand-rolled tea - 「世界お茶まつり」での紅茶実演

 お茶どころ静岡で、11月7日~11日に「世界お茶まつり2013 秋の祭典」が開催された。  メイン会場の静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」(東静岡)横の芝生広場には、静岡県茶手揉保存会のコーナーが設けられ、緑茶と紅茶の手揉み実演が行なわれていた。緑茶の手揉み実演は、館内でも披露している出展社があったが、紅茶実演は珍し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tea Room MOHINI renewal open - 紅茶専門店「モヒーニ」が移転オープン

 2005年11月22日から2013年7月31日までの約8年間、東京新宿・曙橋で営業していた紅茶専門店「モヒーニ」が、新宿・四谷に移転し、10月15日にリニューアルオープンした。  新店舗は、オーナーの山口敏夫さん、由喜子さん夫妻の自宅の建て直しを機に、1階に店舗スペースを設けたもの。旧店舗は25坪20席と広々していたが、夫婦2人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tea liquid by Selectea - セレクティーの「作りおきできる紅茶」

 9月25~27日、東京・お台場の東京ビッグサイトで開催された日本スペシャルティコーヒー協会の展示会「SCAJ2013」で、アフリカ産紅茶の輸入販売をメインとする静岡市の㈱セレクティーが、カフェ向けの「作りおきできる紅茶」を提案していた。  紅茶の茶葉を煮出して濃い抽出液をつくり、ペットボトル等に入れて冷蔵庫で保存すれば、3~4日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Experimental Black Tea Manufacture - 紅茶製造実習

 8月1日、2日に大妻女子大学「お茶大学」主催の紅茶製造実習に参加させていただいた。学長である大森正司先生以下10人の参加者が、静岡・金谷の静岡県農林技術研究所 茶業研究センター内に昨2012年に開設された「発酵茶ラボ」を訪ね、指導員の手ほどきを受けながら、約50kgの生葉から約8kgの紅茶を製造する過程を体験した。  研修生一行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Symposium “Gift and Tea” - お茶料理研究会シンポジウム「手土産と茶」

 お茶料理研究会の第22回シンポジウム「手土産と茶」が、7月13日(土)、東京・千代田区の大妻女子大学で行なわれた。3つの講演と、第19回お茶料理コンテスト表彰式のほか、ティーブレイクではお茶料理コンテスト受賞作品の試食、賛助会員による展示などが行なわれた。 7月13日に行なわれた第22回シンポジウム「手土産と茶」プログラム。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Handmade second flush tea - 二番茶での手作り紅茶

 7月に入り、庭のやぶきたとべにふうきのお茶の木から、二番の新芽が大分伸びてきたところで、また紅茶をつくってみることにした。  5月に製茶したときに、やはりある程度の量の生葉が採れないと難しいとわかったため、一芯二葉摘みでは少な過ぎてしまうからと、春以降に出てきた三葉め、四葉めもいっしょに摘んで加えることにした。やぶきたよりも、特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hand-made black tea - 手づくり紅茶に初挑戦

 庭に1本ずつあるやぶきたとべにふうきの新芽が、今年は気がついたら伸び過ぎてしまい、芯芽までしっかり開いてしまっていた。今年は3月ごろから芽が出始め、桜の開花と同様、例年より早めだったが、その後の低温傾向で足踏みしていた。立春から八十八夜となる5月2日には、家のこの2本のお茶の木は茶摘みの最適期をすでに過ぎてしまっていたのだが、せっかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sri Lanka Business Forum - スリランカビジネスフォーラム

 3月13~16日、スリランカから来日したマヒンダ・ラジャパクサ大統領一行を交えた、日本-スリランカの友好および経済協力関係を深めようという催しが連日行なわれた。私が聞いたものだけで、13日にホテルニューオータニでのパーティ、以降は帝国ホテルにて、14日は昼食会、15日はビジネスフォーラム、16日は商談会が行なわれた。その中で、15日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Meleng Assam Tea from India - インド・アッサムのメレン茶園のサンプル茶

 3月5日から8日まで、千葉・幕張メッセで「第38回国際食品・飲料展 FOODEX JAPAN 2013」が開催された。今年はインドのコーナーが小さめで、紅茶関連の出展企業も少数だった。隣のアメリカのコーナーが、TPP交渉での成果を期待してか、かなり活気があったのと対照的だった。  その中で、インド・コルカタに本社のあるジャイ・シュリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TEH TAMBI from Indonesia - インドネシア産のタンビ紅茶

 インドネシアを足しげく、くまなく訪ねているOさんから、中部ジャワのタンビ茶園の紅茶をいただいた。現地まで行かないとなかなか買えない紅茶だそうだ。最近はエコ・ツーリズムで人気が高まっている茶園で、当初は10棟ほどだった宿泊客用のヴィラも、今は40棟ほどに増やしており、特に地元インドネシア人の利用が多いという。  このタンビ紅茶、茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more